生前対策サービス

tel_sp.png
メールでのお問い合わせ

シミュレーションサービス

料金:30,000円(税別)

相続の対策を実行するうえで、最も重要なのが相続のシミュレーションです。
「現在の対策内容で、どの程度の相続税が発生するのか?」「相続税法の改正後は、どのような変化が起こるのか?」など、相続税の発生の有無を含めてシミュレーションいたします。

生前対策実行サービス

料金:100,000円(税別)〜

相続の生前対策の実行をサポートするプランです。
生前贈与、保険活用、投資など後世に財産を残すためのコンサルティングをいたします。

財産総額料金
1億円まで 100,000円
2億円まで 200,000円
3億円まで 300,000円
4億円まで 400,000円
5億円まで 500,000円

遺言書作成サポートサービス

料金:50,000円(税別)〜

生前対策として遺言書を作成するためのサポートプランです。

財産総額料金
5千万円まで 50,000円
1億円まで 100,000円
3億円まで 200,000円
5億円まで 300,000円

生前対策の事例

生前贈与を活用し、節税に成功した事例

・相続概要
相続財産が7,000万円。法定相続人に子2人、孫4人がいました。

・節税概要
平成27年以降、7,000万円の相続財産に対して基礎控除額は4,200万円(3,000万円+600万円×2人)、課税対象額は2,800万円となり、320万円の相続税が発生します。
しかし、7,000万円のうち、例えば3,300万円※を相続開始の3年前までに生前贈与することで、相続財産は3,700万円となり、基礎控除額4,200万円の範囲内におさまるため課税対象額が0円となり、相続税が発生しません。

※3,300万円の内訳:子2人と孫4人に年間110万円ずつ贈与すると、合計660万円を非課税で移転できます。これを5年間続けることで、660万円×5年間=3,300万円を非課税で生前贈与することが可能になりました。

生命保険を活用し、節税に成功した事例

・相続概要
相続財産が7,400万円(内生命保険金2,000万円)。法定相続人に妻1人、子3人がいました。

・節税概要
多くの方は、自分が死んだ時の保険金の受取人を妻にしていますが、そのお金は税法上、相続財産とみなされるため、相続税が発生します。しかし、妻が受け取る保険金のうち、法定相続人の数×500万円は非課税となります。
今回、法定相続人が妻1人+子3人=4人のため、2,000万円が非課税対象になり、相続財産とみなされません。しかし、その2,000万円を普通に銀行に預けておくと相続税が課税されるので、2,000万円の生命保険に加入することで、相続税を0円に抑えました。

tel:047-482-2345